採用を成功させるためのリクルートVTR

TOP > コムネットプラス > 採用を成功させるためのリクルートVTR
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の求人を開始し、優秀な人材を採用するには企業の魅力を的確にアピールする努力が大切です。たとえ、好条件を用意して人員を募ってもアピールに失敗すれば思うように採用が進まないでしょう。求人では文章によって企業概要を伝えるだけではなく、映像の力を借りるのもおすすめです。ここでは、リクルートVTRについて詳しく解説していきます。

リクルートVTRはどのように活用するか

リクルートVTRが活躍するシチュエーションの代表格は、企業説明会です。企業説明会はある程度、業務内容や企業理念に関心を抱いている就活生たちが集まってきます。出席者は企業側が発信する情報へのアンテナが高く、細かな内容も聞き逃さないようにしようと注意してくれる傾向があります。そのようななかで、リクルートVTRによって豊富な情報を提供すると、より就職への意欲を掻き立てられることに成功するでしょう。

また、合同説明会でもリクルートVTRは役立ちます。合同説明会には数多くの企業がブースを構えるので、自社を強くPRし、就活生を集める必要があります。そこで、インパクトの強い映像ツールを流すのは有効なPR手段だと言えるでしょう。デジタルサイネージなどを使用し、就活生の目につく形を演出するとより効果的です。

ホームページやインターネット広告で映像を流すのも、現代では反響が期待できる方法です。就活サイトなどをきっかけにホームページを閲覧してくる就活生の多くは、強い集中力を持って情報を追っているわけではありません。そこで、リラックスした状態でも情報を吸収しやすいVTRが極めて強い効力を発揮してくれるのです。

リクルートVTRの内容で注意するポイント

リクルートVTRの内容で注意するポイント

リクルートVTR制作において大切なこととしては、まず会社の中がはっきりと見えることです。どんなオフィスでどんな仕事を行っているのかが伝わるVTRにしましょう。就活生が「もしもここで働くなら」と具体的に想像できるVTRが理想的です。

次に、キャリアプランが見える内容にしましょう。就活生は就職後、大きく成長できる職場を望んでいます。教育制度や昇進の基準、年功序列にこだわらない人事評価など、実力に応じて重用される企業に魅力を感じているのです。VTRの中でも新入社員の明るい将来を示唆しておくといいでしょう。

社員の顔が見えることもリクルートVTRの長所です。どんな就活生でも志望先の企業にどんな先輩がいるのかは気になるポイントです。自分には人間的に合わない人が多いようなら、応募をためらってしまうでしょう。社員のキャラクターが見てとれるVTRを目指しましょう。

そして、社会への貢献度を示すことも大切です。多くの人が就職するなら、世の中の役に立っている実感を持って働きたいと願っています。会社の存在が社会にどう影響しているかを分かりやすく説明しましょう。

オリジナリティあるVTRに必要な要素

就活生の目を引くリクルートVTRにはオリジナリティが存在します。ライバル他社にはない個性があるからこそ、就活生はリクルートVTRに惹かれて応募を考えてくれるのです。
たとえば、ストーリー性を盛り込んだVTR構成はおすすめです。新入社員として入社した主人公が徐々に苦難を乗り越えながら、成功を手に入れるまでのプロセスを短時間で表現してみましょう。キャリアアップのイメージが伝わるうえ、内容に共感しやすくなるので情報が入ってきやすくなります。

自社課題を理解してもらえることも、取り入れたいポイントです。会社ごとに抱える課題は、そのままオリジナリティへとつながります。そして、課題の原因や現状を伝えて「解決に導いてくれるのはあなたです」と呼びかければ、就活生の心を打つ内容にできるでしょう。

インターネットが就活の主流になった現代で、リクルートVTRはますます一般化していくと予想できます。数が増えていくリクルートVTRの中で就活生の注目を集めるのは、シンプルかつ独創的な内容が求められています。映像表現の効果を理解したうえで、最大限に求人へと活かす方法を探りましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

イベント企画に役立つ資料を無料で配布!

資料ダウンロード

イベント企画・実行・映像製作

ご相談・ご依頼はこちら

お電話からのお問い合わせはこちら

03-3816-0392

受付時間 9:30~18:00(土日・祝日除く)

Copyright © 2016 - 2017 株式会社コムネット All rights reserved.