しっかりした表彰式は社員のモチベーションアップに繋がる!

TOP > コムネットプラス > しっかりした表彰式は社員のモチベーションアップに繋がる!
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全社イベントを開催するにあたって業者を利用することになったら、どんなことを準備しておけばいいのでしょうか?はじめての業者との相談前に、明白にしておくと話し合いがスムーズになるポイントについてお伝えします。

表彰式は何のために行うのか

表彰式を企画するに当たって、大切なのは表彰式の目的をしっかりと設定することです。もちろん、成果を残した社員を表彰するのは大きな目的です。しかし、それだけならば個別に労うだけでも十分です。わざわざ他の社員も集めて、会場を用意したイベントにする必然性はありません。

表彰式の真の目的は「全社員のモチベーションを高めること」です。表彰される他の社員を見て、出席者が「自分もいつか表彰されたい」と思ってくれたなら表彰式は成功です。そのためには、表彰式が全社員にとって感動的で、気分を高揚させる内容にする必要があります。また、経営者の言葉を社員に伝えるのも大きな目的の一つでしょう。経営者が表彰の理由を説明し、全社員を激励する時間を設ければ、自然と経営理念についての話が出てきます。会社が揺るぎない理念に基づいて突き進んでいると社員に信用してもらい、経営者と従業員の絆を深められます。

こうした目的を踏まえて、表彰式の段取りや演出は考えるべきでしょう。音楽、映像なども駆使して、すべての出席者が経営者の考えを共有できるように計画します。表彰式は経営者側にとって、一年で最大のイベントになる可能性すらあるのです。

形式だけの式は時間がもったいない

形式だけの式は時間がもったいない

演出にこだわった表彰式の実行には時間も費用もかかります。そこで、予算を縮小し、形式どおりに進行するだけの表彰式を開催する企業も少なくありません。しかし、会社の将来を思えば、表彰式はこだわりのある内容にしたいところです。形式どおりの表彰式は、出席者のあいだに感動を呼び起こしません。予想の範囲を出ないスピーチが繰り返されるうち、出席者は退屈を覚え始めます。なかには「どうして忙しいなかで、こんなイベントに出なければいけないのか」と怒りを感じる社員もいるでしょう。表彰式は本来、すべての社員が名前を呼ばれたいと願う場所です。演出に感動を盛り込む工夫は肝心でしょう。

また、形式どおりの表彰式は表彰者のモチベーションも上げない傾向があります。表彰者は誇らしい気持ちで名前を呼ばれ、会社のトップから称えられるからこそ「これからも頑張ろう」と思ってくれるのです。心のない、形だけのイベントでは「自分の業績もこんなものか」と感じてしまう可能性もあるでしょう。全社員の憧れとなるべき表彰式では、形式は守りつつも、それだけに留まらない内容を目指しましょう。

全員が「頑張るぞ」と思えるキッカケ作り

表彰式の最中では、全員が「頑張ろう」と思ってくれるきっかけ作りに挑戦しましょう。たとえば、会社の一年間の業務をスライドショー形式にして流すなどの演出です。自分の姿が画面に映し出されると、社員は映画の主人公になったような気分になるでしょう。また、「ちゃんと経営陣は自分の働きぶりを見てくれたのだ」とも思ってくれます。

経営者が実直に表彰者へと「ありがとう」と伝えることも大切です。会社とは封建制の色合いが濃く、基本的に部下は上司を仰ぎ見ながら仕事をする場所です。そんな組織で、トップの人間から感謝を伝えられる喜びは、とてつもなく大きなものでしょう。そして、他の社員も「うらやましい」と思ってくれるはずです。「来年には自分も」と社員を奮い立たせてこそ、表彰式開催の意義があったと言えます。

表彰式は一年を振り返るイベントというよりも、むしろ、これからの一年のモチベーションを養うイベントです。表彰式を成功させ、社員の士気を高めることで、会社は一丸となって目標へと進んでいけると考えられます。表彰式では表彰者だけでなく全社員の目線も意識して「この会社でよかった」と思ってもらえるような重厚な内容に仕上げましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

イベント企画に役立つ資料を無料で配布!

資料ダウンロード

イベント企画・実行・映像製作

ご相談・ご依頼はこちら

お電話からのお問い合わせはこちら

03-3816-0392

受付時間 9:30~18:00(土日・祝日除く)

Copyright © 2016 - 2017 株式会社コムネット All rights reserved.